2014年01月28日

離婚のコツ!十か条 離婚裁判は泥沼地獄!離婚を、お金をかけずに、早く、決着させるには?

離婚裁判での長期化は泥沼地獄!
最悪の、お金と時間と精神的ダメージの浪費!

スマート離婚のススメ

「スマート離婚のコツ!十か条」

離婚を乗り切るコツ

■スマート離婚のコツ!十か条

1.自分の要求を通すなら、相手にもメリットを与える

2.感情的にならない=努めて冷静な態度で

3.いかなる時も、喧嘩ではなく、話し合う

4.稼げる側は、お金に執着しない

5.離婚カウンセラーに相談する

6.調停を申し立てる

7.弁護士に任せる

8.別居する

9.親を、なるべく巻き込まない

10.親権・監護権を分ける

離婚は、成立するまでが大変ですが、
離婚成立後も、大変です。


調停離婚のメリットを利用する!

日本では離婚の9割が「協議離婚」です。
「調停離婚」は時間がかかる
「調停離婚」は家庭裁判所に出向かなくてはならない
…と思われる方が多いようです。

こと『お金に関する取り決め』がある場合は、
あせらず面倒がらずに
調停を申し立てて離婚することをオススメします。


「調停」というカタチで離婚が成立したら、
「調停調書」が作られます。
記載された『当事者の合意事項』には、
訴訟による判決と『同等の効』があります。

これに従わなければ、強制執行力が及びます。

「協議離婚」の合意事項を
「強制執行認諾約款付き公正証書」にするには、
公証人役場において数万円(記載されたお金の額によって変動)の費用がかかります。

「調停離婚」なら数千円で済みます。

現在の離婚交渉では、
調停のメリットをあえて利用する人が増えています。


調停までにこれだけ準備しておけばOK!

顔を合わすことなく、交代で調停室に入室します
調停を申し立てる手続き自体は、簡単です。
弁護士は全く必要ありません。
・2000円(手数料:収入印紙1200円&80円郵便切手10枚)
・戸籍謄本一通
       ・・・を用意して、
家庭裁判所にある「夫婦関係事件調停申立書」に必要事項を記入して提出するだけ。

申立てをすると、
調停期日呼び出し状が送付されます。

<調停に行く際の準備>

●調停準備 完全マニュアル

□陳述書の準備

陳述書には、
1 相手とのこれまでの経緯
2 子どもの年齢・学校
3 収入・資産
4 争点の内容
・・・等について、わかり易く整理して書きます。

□筆記用具・印鑑の準備

調停では、
1.自分の発言
2.調停委員の発言
3.調停委員から伝えられた相手方の主張
・・・等、できるだけメモをしておきます。

□家庭裁判所から用意するように言われた物の準備

1.証拠物品
2.書類
3.写真
・・・など、
家庭裁判所から「用意する物」と言われたものは、
必ず忘れずに持参します。

□スケジュール帳の準備

次回の調停期日を決める際、
1〜3ヶ月先のスケジュールまで把握しておきましょう。

さて、離婚を、お金をかけずに、早く、決着させるには、
話し合いで決着することです。

つまり、
裁判に持ち込まないことです。

離婚には、裁判所で争う前に、話し合いでの解決があります。

離婚裁判になると、長期化します。
お金もかかるし、精神的にも消耗します。

そういうこともあり、
「裁判離婚」で決まるケースは、
離婚する夫婦のたった1〜2%が選択する方法です。

離婚する夫婦の大半の「離婚のやり方」は
「協議離婚」や「調停離婚」という方法です。

【離婚裁判にまで持ち込まない】方法!です。

※『あなたが離婚で勝つ為に知っておくこと】は、

『離婚は先手必勝が鉄則』です。

※離婚交渉で重要な「8つの離婚準備」とは?
※将来設計の観点から「確認しておくべき5つのこと」とは?
※「自分の味方の作り方」とは?
※自分の「不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミング」とは?
※「破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法」とは?
※「一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法」とは?
※「早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方」とは? 
※スピード重視の際に、「弁護士を有効活用する、ある作戦」とは?
※「公正証書を簡単に作ることの出来るワザ」とは?
※離婚の鍵である「調停員を味方につけるための、5つのポイント」とは?
※「弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法」とは?
※「慰謝料を請求するために用意しておくべきもの」とは?
※「離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例」
※「法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例」
※「貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例」
※「離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例」
※「不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例」・・・等のノウハウが豊富な実例と共に書かれています

これらは、弁護士から得られるものではありません。
詳しくは、コチラで確認してください→離婚調停成功マニュアル

なんと、あなたの期待を裏切った内容だったら、
完全返金保障が付いているので、安心ですね♪
逆にいえば、それだけ内容に自信が有る、ということでしょう。
posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

離婚/離婚の手続き 弁護士の依頼方法 弁護士費用の相場は、いくら?

離婚/離婚の手続き 弁護士の依頼方法 弁護士費用の相場は、いくら?


弁護士費用の相場は、いくら?

弁護士は、費用を自由に決めることができます。

基本的には、
1.「弁護士報酬」:着手金,報酬金
2.交通費や通信費などの「実費」
3.その他(裁判の内容によって費用の額は変わる)

<弁護士費用の目安>

■法律相談(1時間)
5000〜1万円

例)離婚を求めていた妻が3歳になる子どもの親権と慰謝料(200万円)、養育費(月3万円)が認められたケース

■離婚調停
着手金 30〜50万円位
報酬金 30〜50万円位

■離婚調停不調で訴訟
着手金 20〜30万円位
報酬金 40〜60万円位

■訴訟から受任
着手金 40〜60万円位
報酬金 40〜60万円位

弁護士に依頼して離婚を成立させる場合、
総額 100万円近くの費用がかかる。

弁護士費用を用立てできない人には、
法テラスによる「弁護士費用立替払い制度」もあります。

弁護士の選び方によって、
離婚成立までの経過や料金に差が出ます。

もうひとつ、ここで重要なことは、
離婚に弁護士は必ずしも必要ではありません。
また、
離婚には、裁判所で争う前に、話し合いでの解決があります。

離婚裁判になると、長期化します。
お金もかかるし、精神的にも消耗します。

そういうこともあり、
「裁判離婚」で決まるケースは、
離婚する夫婦のたった1〜2%が選択する方法です。

離婚する夫婦の大半の「離婚のやり方」は
「協議離婚」や「調停離婚」という方法です。

【離婚裁判にまで持ち込まない】方法!です。

※『あなたが離婚で勝つ為に知っておくこと】は、

『離婚は先手必勝が鉄則』です。

※離婚交渉で重要な「8つの離婚準備」とは?
※将来設計の観点から「確認しておくべき5つのこと」とは?
※「自分の味方の作り方」とは?
※自分の「不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミング」とは?
※「破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法」とは?
※「一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法」とは?
※「早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方」とは? 
※スピード重視の際に、「弁護士を有効活用する、ある作戦」とは?
※「公正証書を簡単に作ることの出来るワザ」とは?
※離婚の鍵である「調停員を味方につけるための、5つのポイント」とは?
※「弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法」とは?
※「慰謝料を請求するために用意しておくべきもの」とは?
※「離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例」
※「法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例」
※「貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例」
※「離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例」
※「不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例」・・・等のノウハウが豊富な実例と共に書かれています

これらは、弁護士から得られるものではありません。
詳しくは、コチラで確認してください→離婚調停成功マニュアル

なんと、あなたの期待を裏切った内容だったら、
完全返金保障が付いているので、安心ですね♪
逆にいえば、それだけ内容に自信が有る、ということでしょう。




posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

離婚/離婚の手続き 弁護士の依頼方法 慰謝料、財産分与、養育費

離婚/離婚の手続き 弁護士の依頼方法


「法律相談の専門家」弁護士
親権や慰謝料といった法的な問題は、
弁護士に任せる方が良い結果を得られることが多い。

親権、慰謝料、財産分与、養育費などの
法的な問題を含む場合は、
弁護士に相談することが有利になることが多い。

弁護士は、どこで探すのか?
・身内や友人、知人の紹介
・日本弁護士連合会
・日本司法支援センター(通称:法テラス)


離婚/離婚の手続き
弁護士の依頼方法

失敗しない弁護士選びの3つポイント

弁護士は、法律のプロですが、
いくら法律に詳しくても
依頼者とのコミュニケーションがうまくいかないと、
離婚交渉を有利に進めることはできません。
依頼者との相性が悪くても
離婚交渉を有利に進めることはできません。

他人が「良い弁護士だ」と薦めても、
当人にとって“良い弁護士”とは限りません。

納得できる弁護士選びのコツは、
一度、実際に相談に行ってみることです。
自分の問題に対してのアドバイスや取り組み方を聞いて、
それに納得できるかどうかで判断するのです。

2〜3人に会えば、
裁判にあたっての方針や方向性が見えてきます。

「自分に合った弁護士選び」のポイント
大切なのは次の3つ。

1.こちらの話をよく聞き、深く理解してくれるか?
2.法律の意味や内容を丁寧に説明してくれるか?
3.こちらの不利な点もしっかり指摘してくれるか?

その他、
4.離婚裁判の実績があるか?
5.弁護士自身の人生観に共感できるか?
   ・・・などです。

肝心なことは、
アナタの気持ちを理解しながら、
法律のプロとして冷静に判断・分析しながら、
あなたと一緒に闘っていく姿勢があるかどうか?
・・・ということに尽きます。

慰謝料、養育費など金銭問題の相談に行く場合は、
状況説明の資料などを事前に準備しておきます。

具体的には、
1.現在の夫婦の財産リスト
2.慰謝料請求の根拠
  ※DVによる外傷の場合は、診断書
  ※不倫の場合は、メールや写真などの証拠
  ※養育費の算出は、源泉徴収票のコピーや収入証明書など

弁護士を必要としない状況なら、
お金をかけないで、短時間に離婚を決着するには・・・

【離婚裁判にまで持ち込まない】こと!です。

※『あなたが離婚で勝つ為に知っておくこと】は、

『離婚は先手必勝が鉄則』です。

※離婚交渉で重要な「8つの離婚準備」とは?
※将来設計の観点から「確認しておくべき5つのこと」とは?
※「自分の味方の作り方」とは?
※自分の「不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミング」とは?
※「破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法」とは?
※「一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法」とは?
※「早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方」とは? 
※スピード重視の際に、「弁護士を有効活用する、ある作戦」とは?
※「公正証書を簡単に作ることの出来るワザ」とは?
※離婚の鍵である「調停員を味方につけるための、5つのポイント」とは?
※「弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法」とは?
※「慰謝料を請求するために用意しておくべきもの」とは?
※「離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例」
※「法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例」
※「貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例」
※「離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例」
※「不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例」・・・等のノウハウが豊富な実例と共に書かれています

これらは、弁護士から得られるものではありません。
詳しくは、コチラで確認してください→離婚調停成功マニュアル

なんと、あなたの期待を裏切った内容だったら、
完全返金保障が付いているので、安心ですね♪
逆にいえば、それだけ内容に自信が有る、ということでしょう。


posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。