2013年12月31日

離婚/離婚の手続き 協議離婚や調停離婚 「裁判離婚」には、“法的原因”が必要!

離婚/離婚の手続き 協議離婚や調停離婚
裁判離婚の進め方

裁判離婚には高額な費用が必要です!

今や離婚は当たり前。

3組に1組が離婚する時代です。

しかし、
多くの方が、離婚や離婚調停というものを誤解しているのです!


★「裁判離婚」には、“法的原因”が必要!

★裁判によって離婚が決着するのに1〜2年以上かかることもある!

そうなんです、
裁判で決着が着くまでに1〜2年以上かかることもあるので、
いざ離婚するなら、事前の準備はしっかりとやらないといけません。

裁判離婚は、基本的に、
・「相手が生死不明または行方不明」
・「被告が心身喪失」
        ・・・等の例外を除き、
★(離婚)調停を済ませてからでなければ起こせません。


裁判離婚を起こせる原因とは?

1.不貞行為(配偶者以外と性的関係を持つこと)
2.悪意の遺棄(故意に同居や夫婦生活の協力を拒否したり、扶養義務を怠ること)
3. 3年以上の生死不明
4.回復の見込みのない強度の精神病
5.その他、婚姻を継続しがたい重大な事由
  (暴行、浪費、犯罪、性格の不一致など)
以上の5つ、です。

離婚/離婚の手続き
裁判離婚の進め方

裁判離婚には高額な費用がかかります。

裁判離婚が協議離婚や調停離婚と違う大きな点です。

<裁判成立までの流れ>

1.裁判所へ訴状を提出
2.裁判所から第1回口答弁論期日が指定される
同時に、
3.被告に裁判所から期日の呼出状が郵送される

これで、裁判がスタート。

裁判離婚は、数回の口頭弁論を経た後に、判決が下されます。

判決で離婚が認められると、離婚成立。

判決書に不服がある場合や、判決で離婚が認められない場合には、
地方裁判所や高等裁判所に控訴して、裁判が続きます。

こうなれば、泥沼の離婚、です。無間地獄。

<裁判離婚の過程で、判決以外にも離婚が成立するケース>

裁判中に、裁判所から「話し合いによる解決」をすすめられた場合。
「和解勧告」

和解が成立した段階で、和解調書が作成されて離婚が認められます。

裁判離婚は、費用がかさみ、成立するまでの期間が長いので、
選択する夫婦が少ない。

そうなんです!
お金をかけないで、短時間に離婚を決着するには・・・

【離婚裁判にまで持ち込まない】こと!です。

※『あなたが離婚で勝つ為に知っておくこと】は、

『離婚は先手必勝が鉄則』です。

※離婚交渉で重要な「8つの離婚準備」とは?
※将来設計の観点から「確認しておくべき5つのこと」とは?
※「自分の味方の作り方」とは?
※自分の「不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミング」とは?
※「破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法」とは?
※「一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法」とは?
※「早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方」とは? 
※スピード重視の際に、「弁護士を有効活用する、ある作戦」とは?
※「公正証書を簡単に作ることの出来るワザ」とは?
※離婚の鍵である「調停員を味方につけるための、5つのポイント」とは?
※「弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法」とは?
※「慰謝料を請求するために用意しておくべきもの」とは?
※「離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例」
※「法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例」
※「貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例」
※「離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例」
※「不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例」・・・等のノウハウが豊富な実例と共に書かれています

これらは、弁護士から得られるものではありません。
詳しくは、コチラで確認してください→離婚調停成功マニュアル

なんと、あなたの期待を裏切った内容だったら、
完全返金保障が付いているので、安心ですね♪
逆にいえば、それだけ内容に自信が有る、ということでしょう。



posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

離婚/離婚の手続き 協議離婚や調停離婚 裁判離婚には高額な費用が必要です!

離婚/離婚の手続き 協議離婚や調停離婚
裁判離婚の進め方

裁判離婚には高額な費用が必要です!

今や離婚は当たり前。

3組に1組が離婚する時代です。

永遠の愛を求めることは、もう無理なんでしょうか?

愛が冷え切っているなら、
縁を切って、
新たな人生に進むことが賢明な考え方なんでしょうね。

離婚にも、幸せな離婚と、不幸せな離婚、の2つがあります。

よく言われますが、
女性の場合、離婚後の生活を考えると、
離婚しない方がベター、ということです。

理由の一つが、
この国の法律、しきたりが、
女性には不利、なことです。

シングルマザーならなおさらです。

会社人生でも、余程の能力を発揮しないと、
管理職に女性の登用が増えてきたとはいえ、
まだまだ男性優位の社会です。

女手ひとつで子供を養うのは大変です。

でも、
今の「地獄」から脱出できるなら、
地獄よりもましな「苦労」はハッピーと言えます。

現在、地獄を味わっている方は、

絶対に、
『幸せな離婚』を獲得してくださいね。

その為には、
★離婚の知識を身につけること!

それを離婚交渉で発揮して

☆離婚で自分が有利な要求を獲得すること!


では、【離婚の知識】とはどんなことでしょうか?

離婚の法律、離婚裁判についての知識、は
基本ですから、一通り身につけましょう。

でも肝心なのは、

離婚の『戦い方』、についての知識です。

これは、売られている本や、
ネット情報では得られるものではありません。

残念ながら、有料で手に入れる必要があります。

いわゆる『ノウハウ』ですから、
教えてもらう以上は、対価を支払うのは当然です。

どこの世界にも、専門家がいます。
裁判においては、弁護士、です。

でも、こと『離婚(裁判)』となると、
弁護士は全能ではありません。
離婚が得意な弁護士も、居ることはいます。
でも、極めて数少ないです。
また、弁護士を雇えば、費用もかさみます。

お金持ちなら、雇ってもよいでしょう。

でも、それで裁判に勝てる見込みが100%になるでしょうか?

離婚の実際の現場は、
「裁判で決まる」ことは少ない!のです。

大半が、当事者双方の【話し合い】で決まります。
つまり、弁護士を介さないで、決まっています。


「裁判離婚」で決まるケースは、
離婚する夫婦のたった1〜2%が選択する方法です。

夫婦が「原告」と「被告」の立場で、法廷で争う「裁判離婚」は、
夫婦共に、相応の覚悟とお金が必要となります

では、離婚する夫婦の大半の「離婚のやり方」とは?

「協議離婚」や「調停離婚」という方法です。

ですから、あなたがとるべき道は、
「協議離婚」や「調停離婚」という話し合いで決める離婚の場で、
『絶対に勝つ』方法を知ることです。

では、1〜2%が選択する「裁判離婚」のメリットは、
どんな場合でしょうか?

離婚協議がうまくいかない場合、次は、調停の場に移ります。
その調停も不成立となったら、
夫婦の一方が、家庭裁判所に離婚の訴えを起こします。
これが、「裁判離婚」です。
裁判離婚のメリットは、法的強制力がある点です。

「慰謝料は払わない」
「養育費は一銭も払わない」
・・・など
金銭面で決着しない結果、裁判に持ちこむケースもありえます。

調停離婚と裁判離婚は、さまざまな面で異なります。

「裁判離婚」の費用はいくら?
「裁判離婚」の相場とは?

調停離婚と裁判離婚の最大の違いは、
離婚成立までに要する費用でしょう。

調停離婚は、約2000円で申し立てができる。
裁判離婚は、平均100万円ほどのお金がかかる。
(内訳)
・収入印紙代を含む離婚請求料:1万3000円
・郵便切手代6400円
・弁護士の報酬
etc

離婚請求料は、
「離婚」以外、財産分与等の金銭の支払いで訴える場合は、
内容、請求金額に応じて別途、請求料が必要

離婚で弁護士に相談する場合の費用の目安
・30分ごとに相談料:5000〜2万5000円
・書類作成費用:5〜30万円
・裁判の着手金:15〜30万円
・裁判で勝訴した場合の報酬金:30〜60万円
・財産分与、慰謝料の獲得金額に応じて別途加算

離婚において、
弁護士は「絶対に必要」ではありません。

しかし
裁判となったら、「弁護士がいない方が不利」になります。

ですから、【離婚裁判にまで持ち込まない】こと!です。

※『あなたが離婚で勝つ為に知っておくこと】は、

『離婚は先手必勝が鉄則』です。

※離婚交渉で重要な「8つの離婚準備」とは?
※将来設計の観点から「確認しておくべき5つのこと」とは?
※「自分の味方の作り方」とは?
※自分の「不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミング」とは?
※「破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法」とは?
※「一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法」とは?
※「早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方」とは? 
※スピード重視の際に、「弁護士を有効活用する、ある作戦」とは?
※「公正証書を簡単に作ることの出来るワザ」とは?
※離婚の鍵である「調停員を味方につけるための、5つのポイント」とは?
※「弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法」とは?
※「慰謝料を請求するために用意しておくべきもの」とは?
※「離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例」
※「法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例」
※「貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例」
※「離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例」
※「不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例」・・・等のノウハウが豊富な実例と共に書かれています

これらは、弁護士から得られるものではありません。
詳しくは、コチラで確認してください→離婚調停成功マニュアル

なんと、あなたの期待を裏切った内容だったら、
完全返金保障が付いているので、安心ですね♪
逆にいえば、それだけ内容に自信が有る、ということでしょう。


posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 06:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

離婚のススメ:離婚を自分の力だけで勝ち取る方法!弁護士要らず、安上がり離婚術

離婚は当たり前!の時代です。

現在の日本の1年間の婚姻数はおよそ73万組、離婚数はおよそ25万組。

平成2年・・結婚組数:70万組、離婚組数:13万組
平成12年・・結婚組数:75万組、離婚組数:20万組

平成2年の時点で、(結婚組数):(離婚組数)=70:13≒1:0.186
平成12年の時点で、(結婚組数):(離婚組数)=75:20≒1:0.267

(引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032162890

離婚を考えている方は、離婚後の問題も考えると、
離婚をすることに躊躇してしまう場合が多いでしょう。

離婚するには、裁判が大変・・・
離婚するには、お金が必要・・・
離婚を進めることに、多くの苦痛を感じるのでは・・・

いろいろなマイナスイメージが浮かんで、
離婚をあきらめる・・・

でも、実態は、上記のように、
(結婚組数):(離婚組数)=75:20≒1:0.267

バツイチが世の中には多い、のが実情です。
バツ二も多いです。

裁判沙汰・・・お金・・・
耐えられない・・・

そんな貴方に、離婚のススメをしてみましょう。

離婚は、裁判で決まる、ものではありません。

正しくは、裁判でも決まることがありますが、
多くの場合は、話し合いで決められます。
いわゆる、協議離婚、調停離婚というものです。
いきなり裁判所に行って争うものではありません。

そして、お金も、かけないで済むことが多いのです。
「裁判費用」は「絶対必要」ではありません。
もっと言えば、
離婚のコツを知れば、弁護士要らずで離婚を成功させられます!

離婚を真剣に考えているあなたに、はっきりと申し上げます。
離婚は「簡単ではない」と思っているでしょうが、
やり方さえ分かれば、
意外と簡単に離婚に成功できます。

嘘っ!?

いえ、本当です!
なぜなら、「離婚」はパターン化されています。
1.離婚に至る「原因」
2.離婚の争いの「手順」
3.離婚を成立させる「要件」
これらは、種類こそ多いですが、パターン化できます。

「離婚の争い方」も「普通の裁判」と全く異なっています。

「普通の裁判」では「絶対必要」な弁護士は、「絶対必要ではありません」。

結論から言いますが、
「離婚は意外に簡単に成功に持っていけます」
「離婚は、弁護士を頼まず、自分一人で戦って、勝つことが出来ます」

信じられないですか?

ネットを見れば、離婚の情報はいっぱいあります。
まずは、そんなサイトで基本情報を把握しておきましょう。
でも、それらには、肝心なことは書かれていません。
やはり、無料の情報では、自分だけで離婚を進めることは不可能です。
で、どうするか?ですが、
「離婚のプロの情報」を「自分の知識にする」のです。
離婚のプロ?って・・・

離婚のプロについては、後に書いていますが、
その離婚のプロが、実際に、たくさんの離婚に立ち会い、
離婚を成立させた膨大な経験を、ノウハウにまとめています。
これらのノウハウは、決して弁護士は持っていません。
離婚専門の弁護士は数少なく、しかも、離婚ばかり扱っていませんので、
離婚に限っては、弁護士は頼りになりません。
弁護士費用も莫大な金額なので、雇う必要はありません。
あなたが、お金持ちで、離婚の争いが不安で、戦う自信が無ければ、
弁護士のお世話になってください。
それ以外の方は、離婚のプロのノウハウを、しっかり読んで、
自分の離婚の進め方に沿って実行すれば、
離婚を成功させられる可能性は高くなります。

離婚の「傾向」と「対策」さえしっかり理解すれば、
あとは、「離婚を裁定する人」に対して、
どれだけ「説得力」と「憐れみの気持ち」を、
与えることができるか?にかかっています。
ここは非常に重要なポイントです!

「離婚を成功させるポイント」は、
決して「裁判に強い弁護士」次第ではありません。

むしろ、「あなたひとり」だけで戦う方が、
弁護士を立てた相手側より有利なこともあるのです。
なぜなら「離婚を裁定する人」は、
ひとりで戦う「あなた」の方に、
判官びいきの気持ちを抱くこともあるのです。

離婚に余計なお金をかけることが出来ないなら、
弁護士に費用をかけるのはやめましょう。

あなただけでも、離婚交渉を進めることは可能なんです。
痛々しいまでの感情を訴えることができるなら、
(「辛さに負けない心」と「演技力」が必要です!)
ぜひ、ひとりで交渉を進めましょう。
自分では無理だ、と思うなら、弁護士を雇ってお任せしましょう。

ひとりで離婚作業を進めるには、
離婚成功の知識(ノウハウ)を身に着けることから始めます。
離婚のやり方などは、ネットでたくさんの情報を得ることが出来ます。
ただし、肝心のことは、無料では公開されていません。

では、どうしたら「肝心のこと(離婚成功術)」を得ることが出来るか?
それは、
一番「離婚の実例を多く経験して、離婚成功の実績を挙げた」人の知識を学ぶことです。
離婚の実際の現場に立ち会った経験数は、絶対に外せません。
それこそが、ノウハウです。
弁護士は非常に多く居ますが、離婚裁判を経験している弁護士は、多くないのです。
離婚裁判に詳しい弁護士探しをしたり、実際に頼んでも、
普通の裁判と、離婚の場合は異なるのです。
なぜなら、離婚する方法には、
4つの離婚方法があります。

協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、です。
協議離婚が成立するのは、
夫婦が話し合い、離婚を決意し、
離婚届を市区町村役場に提出し、受理される場合。

夫婦の話し合いで解決が出来ない、離婚の合意が出来ない場合は、
調停離婚、審判離婚、裁判離婚、という、
いずれかの方法で離婚することになります。

調停離婚の場で、調停員の仲裁で解決できない場合には、
裁判離婚ということになります。
いきなり離婚の裁判を起こすことはできないのです。
つまり、弁護士の出番は裁判離婚からが主なので、
それ以前の離婚交渉の過程(協議離婚、調停離婚、審判離婚)では
交渉能力が発揮されることはないのです。

そして、一般的な離婚の仕方は、
協議離婚と調停離婚です。
この段階で離婚を成功させることがポイントです。
時間もお金もかけないで決着するのです。

では、離婚の手続と、その諸費用について・・・
【協議離婚】
夫婦で離婚の協議をまとめた場合
法定費用:0円
行政書士に離婚協議書を作成依頼した場合
(40,000円〜100,000円弱)+α
公正証書にすると、
養育費・財産分与・慰謝料等の金額次第で、
別途、公証人役場手数料が発生します。

【調停離婚】
離婚協議で話し合いがつかない場合、
家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行い、
調停委員を介して、離婚の話し合いを行います。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:印紙代1200円+連絡用切手代(裁判所によって異なる)

【審判離婚】
裁判所が双方の事実関係を調べた上で、離婚を決定。
但し、2週間以内に不服申し立てをすれば、審判離婚は効力を失い成立しない。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:約2000円前後

【裁判離婚】
代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
費用:離婚請求費用1万3000円、呼び出し用切手代6400円など 
※費用はケースによって異なる

代理人(弁護士)を立てた場合の費用
・弁護士相談料: 1回 1時間 1万円〜1万500円程度
・弁護士に委任: 30万〜50万円
別途必要
・交渉依頼の着手金
・成功報酬

ですから、【裁判離婚】にまで持ち込まずに、
時間とお金を無駄にかけないで、
離婚交渉を進めることが大事です。

離婚を考えたら、読んでおくべきマニュアルとしては、
以下の2点を挙げておきます。
理由は、「離婚」の実際を経験している数が圧倒的に多いので、
離婚の傾向と対策を知り尽くしており、
マニュアルの内容も実例に裏打ちされているので、
本当に役立つ内容になっています。
基本知識として、これらを読んでおけば、
他の知識は不要、と言ってもいいでしょう。


【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸「15,000人の離婚問題解決法
過去15,000件以上の相談を取り扱ってきた、ほぼ全ての離婚原因別の解決ノウハウが凝縮されています。
慰謝料の増額、減額の相談は、あわせて3000件を超えていますが、ほとんどの方に満足していただきました。
調停員に好かれる方法や、絶対に発言してはいけない言葉など。あなたが調停を有利に進める戦略を具体的に解説しています。

離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法
著者が述べている内容の一部を引用すれば・・・
実際に、私が相談に乗ってきた方の多くは
理想的な離婚をすることができています。
例えば、
一般的な慰謝料の相場より、300万円多くもらえた
夫だけでなく、愛人からも慰謝料を200万もらえた
慰謝料を1円も払わなくて済んだ
自分の望む期限までに、素早く離婚できた
家をもらったので、住む所に困らなかった
良心的で低価格な弁護士に出会え、あまりお金をかけずに調停や訴訟ができた
経済的に不安があったが、親権がとれた
一度も途切れることなく、養育費を完済してもらえた

私自身も離婚をし、深く傷ついた経験があります。
累計2万軒以上の 離婚相談実績となりました。
内容的にも、親権問題、慰謝料、財産分与、養育費、愛人への損害賠償請求、
弁護士選び、裁判などなど、
離婚に関するありとあらゆる問題の相談をいただけるようになりました。

私自分の身に危険が及ぶほどの泥沼離婚や、
精神的に破綻している人の離婚、
有名人の離婚、 犯罪を犯して立ち直った人の離婚もありましたが、
相談してくださった方の幸せを優先して取り組んできました。
夫婦問題には、法律だけでは解決できない、というか、
法律をもってすると、感情的にもつれにもつれて、
かえってこじれてしまうケースが多々あります。
実際に、弁護士は、法律を守るという立場上、
提示する解決策は、あなたの当初の希望に
合わないケースが出てきます。
私は法律を業とする弁護士ではありませんから、
あなたの希望を最大限実現できるアドバイスをすることができます。
弁護士の場合には、絶対に法を犯す事が許されないので
安全策ばかり薦めることになりがちですが、離婚に関しては、
私岡野は、限界まで挑戦することが出来るのです。
実は、法律では解決できない感情の部分の
納得できないくやしいことが起こります。
弁護士では入りこめない感情のおさめ方も含めて、
あなたにとって最も有利な離婚方法をお伝えできます。
ありとあらゆる方向から選択肢を広げることで、
圧倒的に有利な離婚が出来るのです。
「財産を全部自分のものにしたい」
「弁護士や探偵に、大金を払いたくない」
「相手には、一銭も払いたくない」
「絶対に、子どもは渡したくない」
などと考えたことはありませんか?
あなたの離婚パターンにあわせた
圧倒的に有利に離婚する方法をご提案させていただきます。
私が2万件の離婚相談を分析して得た、
パターン別離婚ノウハウと裏ワザテクニックを、
合計397時間かけて、誰にでも活用できるように、
詳しくわかりやすく、434ページのマニュアルに
全身全霊をかけて、詰め込みました!
離婚は先手必勝が鉄則です。
たとえば、離婚を進める上で重要な、8つの離婚準備とは?
将来設計に関わる、確認しておくべき5つのこととは?
どうやって自分の味方を作ればいいのか?
自分の不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミングとは?
破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法とは?
一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法とは?
早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方とは? 
スピード重視の際に、弁護士を有効活用する、ある作戦とは?
公正証書を簡単に作ることの出来るワザとは?
離婚の鍵である調停員を味方につけるための、5つのポイントとは?
弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法とは?
慰謝料を請求するために用意しておくべきものとは?
離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例
法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例
貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例
離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例
不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例
などなどの他では手に入れられないノウハウが豊富な実例と共に書かれています
完全返金保障をおつけいたしました。

離婚調停成功マニュアル
多くの方が離婚や離婚調停というものを誤解している。
例えば…
慰謝料に決まりはありません。相場も特に意味はありません。
相手への養育費はゼロにすることだって可能です。
子供の親権は、どんな状況からも確保可能
絶対に誤解してはならないことがあります。
皆さんは、弁護士に相談すればいい、と思っていませんか?
確かに離婚裁判になれば弁護士の力を借りるのは必須です。
ですが、「調停前置主義」という制度が取られている日本では、
必ず裁判を行う前には、離婚調停を経なければならないと定められています。
この、裁判に至る前段階の離婚調停というのは、弁護士の出る幕ではありません。
調停に弁護士を介入させることで、
有利に進めるどころか、却ってあなたの足を引っ張る場合さえあるのです。

なぜだかわかりますか?。

それは、離婚調停が、裁判とは根本的に異なる場だからです。

離婚調停の結果に、裁判のような善悪問題や法律そのものは、ほとんど関係ないのです。
調停とは、裁判官が客観的に公平な判断をしてくれる場ではありません。
それどころか、形式的な法律はほとんどと言っていいほど頼りになりません。
「証拠品」に基づく討論なども存在しないのです。

離婚調停の根幹をなすのは、形式的な法律の知識ではなく、
悲しみや憎しみ、軽蔑、憎悪…といった人間くさい感情です。

ですから正しい方が負け、間違っている方が勝つ、ということが平然と起こります。
離婚調停には裁判のような大きな費用は掛かりません。
困ったら気軽に始めることができる「離婚に関する折り合いを付ける場」です。

ではどうやって折り合いを付けていればいいのか、
その中で自分が不利にならない方向、あるいは有利な方向に持って行ったらいいのか…
実は、急速な離婚への注目が招いた悲劇は、書籍だけではありません。
離婚専門を謳う、弁護士も同様、あるいはもっと重篤です。
なぜなら、彼らは法律の専門家であって、離婚の専門家ではないのです。
もちろん離婚裁判では彼らは頼りがいのある人たち。
ですから早い段階から弁護士をよりどころにする方が多いです。

しかし、離婚裁判というのは、あくまで最終段階です。
多くの方が誤解されていますが、
離婚調停を行い、そこで決着がつかなかった場合しか、
離婚裁判を起こすことはできません。

ところが、離婚調停というのは、
家庭裁判所で行われますが、裁判とはまるで内容が異なります。
とにかく立会人の第三者・調停委員を味方に付けた方が有利になるのです。

裁判のように法律が調停の行方を左右するのではないのです。
法律の専門知識だけあっても意味がないのです。

そのために必要なのは、
憎しみや悲しみ、冷静さ、思いやり、切実さと誠実さ…
つまり、同情を誘う感情に他なりません。

弁護士という職業は、法律に偏った意見で、
時として調停委員の機嫌を損ねてしまうことがあります。

また、相手が弁護士を立てたからと言って、
あなたも弁護士を立てるというのは絶対にお薦めできません。

なぜなら、弁護士は弁論によって勝敗を求めようとする職業上、
弁護士同士の間で折り合いを付けようとしがちだからです。

そのため、調停の行方が、あなたと相手のことをまるで考えない、
誰のためにもならない調停結果に持って行かれてしまうことが、あとを経ちません。

弁護士にとって、離婚調停は全くの専門外。

例え離婚専門と謳っていたとしても、
ノウハウも進み方も価値観も全く異なる調停までは門外漢なのです。

離婚は、その人間の生身の憎しみや恐怖、悲しみ、嫉妬、後悔、軽蔑などの感情が噴出する、リアルで生々しいもの。

法律の専門家であり、罪や法への抵触に敏感な弁護士には、
そうした調停の大部分を占める心の動きをくみ取れないのです。

離婚調停は、法が二人の間に適用される最悪の結末を迎える前の、最後の話し合いの場です。
たくさんお金を支払う安心感を得たいなら、
百万円単位の額を支払って弁護士を雇うことをお薦めします。

ですが、本当にあなたの望む離婚を実現したいなら、もっと良い方法があります。

弁護士に頼らず行うなら、いったいどうすれば良いのか。

それは、一人で闘うことです。
もしも相手が弁護士を雇い、調停であなたのことを徹底攻撃してきたとしたら。

調停委員は多勢に無勢のあなたに同情する可能性が高いのです。

離婚調停とは、法律の通用しない場です。

調停の場は、公平な場でも正義を決める場でもありません。
悪い方が裁かれる場と言うわけでは決してないのです。
手堅くプランニングをしたものが勝利します。
準備を整えていかなければ、相手の思うままになってしまうのです。

そして、そのプランニングとは、決して法律的なものではありません。
行政書士が作るようなただの書類上のものでもありません。

「弁護士にも頼らずに、裁判よりも戦略的にいくことなんて難しい!」

ご安心下さい。
調停は裁判とは違い、法律の専門知識がさほど必要ないのです。

ですから、極端な話、
「たった3つのこと」さえ押さえておけば、調停に勝利することは可能です。

これは調停に掛けられた方も、調停に掛けた方も同じことです。

私は離婚相談を専門に10年以上、15,000件以上の相談数を積み重ねることで、
誰よりも現実の離婚問題について、裏にも表にも精通するようになりました。

その結果か導き出された3つのこと。それは…

離婚調停は、そのシステムと、裏側を知った者に軍配があがります。

「目の前にある不安や悩み」を解消するだけでなく、
「あなたの未来、お子さんの未来」をも幸せなものにする“戦略”を詰め込んでいます。

法律の知識を詰め込んでも、調停の場では、役には立ちません。 

posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 22:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

離婚のコツを知れば、弁護士要らずで離婚を成功できます!

離婚のコツを知れば、弁護士要らずで離婚を成功できます!

離婚を真剣に考えているあなたに、はっきりと申し上げます。
離婚は「簡単ではない」と思っているでしょうが、
やり方さえ分かれば、
意外と簡単に離婚を成功に持っていけるのです。

嘘っ!?

いえ、本当なんです!
なぜなら、「離婚」はパターン化されています。
1.離婚に至る「原因」
2.離婚の争いの「手順」
3.離婚を成立させる「要件」
これらは、種類こそ多いですが、パターン化できます。

「離婚の争い方」も「普通の裁判」と全く異なっています。

「普通の裁判」では「絶対必要」な弁護士は、「絶対必要ではありません」。

あなたが悩みを抱えながら、ずっと不幸な生活を我慢するなら、
それは、それでいいでしょう。
でも、今や周りの人の

(厚生労働省の公開データ)
平成18年の婚姻数は約73万2千組:人口の5.8%
離婚件数は約25万8千組

既婚者の3人に一人が離婚しています。

離婚は当たり前!の時代です。

結論から言いますが、
「離婚は意外に簡単に成功に持っていけます」
「離婚は、弁護士を頼まず、自分一人で戦って、勝つことが出来ます」

信じられないですか?

ネットを見れば、離婚の情報はいっぱいあります。
まずは、そんなサイトで基本情報を把握しておきましょう。
でも、それらには、肝心なことは書かれていません。
やはり、無料の情報では、自分だけで離婚を進めることは不可能です。
で、どうするか?ですが、
「離婚のプロの情報」を「自分の知識にする」のです。
離婚のプロ?って・・・

離婚のプロについては、後に書いていますが、
その離婚のプロが、実際に、たくさんの離婚に立ち会い、
離婚を成立させた膨大な経験を、ノウハウにまとめています。
これらのノウハウは、決して弁護士は持っていません。
離婚専門の弁護士は数少なく、しかも、離婚ばかり扱っていませんので、
離婚に限っては、弁護士は頼りになりません。
弁護士費用も莫大な金額なので、雇う必要はありません。
あなたが、お金持ちで、離婚の争いが不安で、戦う自信が無ければ、
弁護士のお世話になってください。
それ以外の方は、離婚のプロのノウハウを、しっかり読んで、
自分の離婚の進め方に沿って実行すれば、
離婚を成功させられる可能性は高くなります。

離婚の「傾向」と「対策」さえしっかり理解すれば、
あとは、「離婚を裁定する人」に対して、
どれだけ「説得力」と「憐れみの気持ち」を、
与えることができるか?にかかっています。
ここは非常に重要なポイントです!

「離婚を成功させるポイント」は、
決して「裁判に強い弁護士」次第ではありません。

むしろ、「あなたひとり」だけで戦う方が、
弁護士を立てた相手側より有利なこともあるのです。
なぜなら「離婚を裁定する人」は、
ひとりで戦う「あなた」の方に、
判官びいきの気持ちを抱くこともあるのです。

離婚に余計なお金をかけることが出来ないなら、
弁護士に費用をかけるのはやめましょう。

あなただけでも、離婚交渉を進めることは可能なんです。
痛々しいまでの感情を訴えることができるなら、
(「辛さに負けない心」と「演技力」が必要です!)
ぜひ、ひとりで交渉を進めましょう。
自分では無理だ、と思うなら、弁護士を雇ってお任せしましょう。

ひとりで離婚作業を進めるには、
離婚成功の知識(ノウハウ)を身に着けることから始めます。
離婚のやり方などは、ネットでたくさんの情報を得ることが出来ます。
ただし、肝心のことは、無料では公開されていません。

では、どうしたら「肝心のこと(離婚成功術)」を得ることが出来るか?
それは、
一番「離婚の実例を多く経験して、離婚成功の実績を挙げた」人の知識を学ぶことです。
離婚の実際の現場に立ち会った経験数は、絶対に外せません。
それこそが、ノウハウです。
弁護士は非常に多く居ますが、離婚裁判を経験している弁護士は、多くないのです。
離婚裁判に詳しい弁護士探しをしたり、実際に頼んでも、
普通の裁判と、離婚の場合は異なるのです。
なぜなら、離婚する方法には、
4つの離婚方法があります。

協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、です。
協議離婚が成立するのは、
夫婦が話し合い、離婚を決意し、
離婚届を市区町村役場に提出し、受理される場合。

夫婦の話し合いで解決が出来ない、離婚の合意が出来ない場合は、
調停離婚、審判離婚、裁判離婚、という、
いずれかの方法で離婚することになります。

調停離婚の場で、調停員の仲裁で解決できない場合には、
裁判離婚ということになります。
いきなり離婚の裁判を起こすことはできないのです。
つまり、弁護士の出番は裁判離婚からが主なので、
それ以前の離婚交渉の過程(協議離婚、調停離婚、審判離婚)では
交渉能力が発揮されることはないのです。

そして、一般的な離婚の仕方は、
協議離婚と調停離婚です。
この段階で離婚を成功させることがポイントです。
時間もお金もかけないで決着するのです。

では、離婚の手続と、その諸費用について・・・
【協議離婚】
夫婦で離婚の協議をまとめた場合
法定費用:0円
行政書士に離婚協議書を作成依頼した場合
(40,000円〜100,000円弱)+α
公正証書にすると、
養育費・財産分与・慰謝料等の金額次第で、
別途、公証人役場手数料が発生します。

【調停離婚】
離婚協議で話し合いがつかない場合、
家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行い、
調停委員を介して、離婚の話し合いを行います。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:印紙代1200円+連絡用切手代(裁判所によって異なる)

【審判離婚】
裁判所が双方の事実関係を調べた上で、離婚を決定。
但し、2週間以内に不服申し立てをすれば、審判離婚は効力を失い成立しない。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:約2000円前後

【裁判離婚】
代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
費用:離婚請求費用1万3000円、呼び出し用切手代6400円など 
※費用はケースによって異なる

代理人(弁護士)を立てた場合の費用
・弁護士相談料: 1回 1時間 1万円〜1万500円程度
・弁護士に委任: 30万〜50万円
別途必要
・交渉依頼の着手金
・成功報酬

ですから、【裁判離婚】にまで持ち込まずに、
時間とお金を無駄にかけないで、
離婚交渉を進めることが大事です。

離婚を考えたら、読んでおくべきマニュアルとしては、
以下の2点を挙げておきます。
理由は、「離婚」の実際を経験している数が圧倒的に多いので、
離婚の傾向と対策を知り尽くしており、
マニュアルの内容も実例に裏打ちされているので、
本当に役立つ内容になっています。
基本知識として、これらを読んでおけば、
他の知識は不要、と言ってもいいでしょう。


【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸「15,000人の離婚問題解決法
過去15,000件以上の相談を取り扱ってきた、ほぼ全ての離婚原因別の解決ノウハウが凝縮されています。
慰謝料の増額、減額の相談は、あわせて3000件を超えていますが、ほとんどの方に満足していただきました。
調停員に好かれる方法や、絶対に発言してはいけない言葉など。あなたが調停を有利に進める戦略を具体的に解説しています。

離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法
著者が述べている内容の一部を引用すれば・・・
実際に、私が相談に乗ってきた方の多くは
理想的な離婚をすることができています。
例えば、
一般的な慰謝料の相場より、300万円多くもらえた
夫だけでなく、愛人からも慰謝料を200万もらえた
慰謝料を1円も払わなくて済んだ
自分の望む期限までに、素早く離婚できた
家をもらったので、住む所に困らなかった
良心的で低価格な弁護士に出会え、あまりお金をかけずに調停や訴訟ができた
経済的に不安があったが、親権がとれた
一度も途切れることなく、養育費を完済してもらえた

私自身も離婚をし、深く傷ついた経験があります。
累計2万軒以上の 離婚相談実績となりました。
内容的にも、親権問題、慰謝料、財産分与、養育費、愛人への損害賠償請求、
弁護士選び、裁判などなど、
離婚に関するありとあらゆる問題の相談をいただけるようになりました。

私自分の身に危険が及ぶほどの泥沼離婚や、
精神的に破綻している人の離婚、
有名人の離婚、 犯罪を犯して立ち直った人の離婚もありましたが、
相談してくださった方の幸せを優先して取り組んできました。
夫婦問題には、法律だけでは解決できない、というか、
法律をもってすると、感情的にもつれにもつれて、
かえってこじれてしまうケースが多々あります。
実際に、弁護士は、法律を守るという立場上、
提示する解決策は、あなたの当初の希望に
合わないケースが出てきます。
私は法律を業とする弁護士ではありませんから、
あなたの希望を最大限実現できるアドバイスをすることができます。
弁護士の場合には、絶対に法を犯す事が許されないので
安全策ばかり薦めることになりがちですが、離婚に関しては、
私岡野は、限界まで挑戦することが出来るのです。
実は、法律では解決できない感情の部分の
納得できないくやしいことが起こります。
弁護士では入りこめない感情のおさめ方も含めて、
あなたにとって最も有利な離婚方法をお伝えできます。
ありとあらゆる方向から選択肢を広げることで、
圧倒的に有利な離婚が出来るのです。
「財産を全部自分のものにしたい」
「弁護士や探偵に、大金を払いたくない」
「相手には、一銭も払いたくない」
「絶対に、子どもは渡したくない」
などと考えたことはありませんか?
あなたの離婚パターンにあわせた
圧倒的に有利に離婚する方法をご提案させていただきます。
私が2万件の離婚相談を分析して得た、
パターン別離婚ノウハウと裏ワザテクニックを、
合計397時間かけて、誰にでも活用できるように、
詳しくわかりやすく、434ページのマニュアルに
全身全霊をかけて、詰め込みました!
離婚は先手必勝が鉄則です。
たとえば、離婚を進める上で重要な、8つの離婚準備とは?
将来設計に関わる、確認しておくべき5つのこととは?
どうやって自分の味方を作ればいいのか?
自分の不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミングとは?
破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法とは?
一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法とは?
早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方とは? 
スピード重視の際に、弁護士を有効活用する、ある作戦とは?
公正証書を簡単に作ることの出来るワザとは?
離婚の鍵である調停員を味方につけるための、5つのポイントとは?
弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法とは?
慰謝料を請求するために用意しておくべきものとは?
離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例
法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例
貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例
離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例
不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例
などなどの他では手に入れられないノウハウが豊富な実例と共に書かれています
完全返金保障をおつけいたしました。

離婚調停成功マニュアル
多くの方が離婚や離婚調停というものを誤解している。
例えば…
慰謝料に決まりはありません。相場も特に意味はありません。
相手への養育費はゼロにすることだって可能です。
子供の親権は、どんな状況からも確保可能
絶対に誤解してはならないことがあります。
皆さんは、弁護士に相談すればいい、と思っていませんか?
確かに離婚裁判になれば弁護士の力を借りるのは必須です。
ですが、「調停前置主義」という制度が取られている日本では、
必ず裁判を行う前には、離婚調停を経なければならないと定められています。
この、裁判に至る前段階の離婚調停というのは、弁護士の出る幕ではありません。
調停に弁護士を介入させることで、
有利に進めるどころか、却ってあなたの足を引っ張る場合さえあるのです。

なぜだかわかりますか?。

それは、離婚調停が、裁判とは根本的に異なる場だからです。

離婚調停の結果に、裁判のような善悪問題や法律そのものは、ほとんど関係ないのです。
調停とは、裁判官が客観的に公平な判断をしてくれる場ではありません。
それどころか、形式的な法律はほとんどと言っていいほど頼りになりません。
「証拠品」に基づく討論なども存在しないのです。

離婚調停の根幹をなすのは、形式的な法律の知識ではなく、
悲しみや憎しみ、軽蔑、憎悪…といった人間くさい感情です。

ですから正しい方が負け、間違っている方が勝つ、ということが平然と起こります。
離婚調停には裁判のような大きな費用は掛かりません。
困ったら気軽に始めることができる「離婚に関する折り合いを付ける場」です。

ではどうやって折り合いを付けていればいいのか、
その中で自分が不利にならない方向、あるいは有利な方向に持って行ったらいいのか…
実は、急速な離婚への注目が招いた悲劇は、書籍だけではありません。
離婚専門を謳う、弁護士も同様、あるいはもっと重篤です。
なぜなら、彼らは法律の専門家であって、離婚の専門家ではないのです。
もちろん離婚裁判では彼らは頼りがいのある人たち。
ですから早い段階から弁護士をよりどころにする方が多いです。

しかし、離婚裁判というのは、あくまで最終段階です。
多くの方が誤解されていますが、
離婚調停を行い、そこで決着がつかなかった場合しか、
離婚裁判を起こすことはできません。

ところが、離婚調停というのは、
家庭裁判所で行われますが、裁判とはまるで内容が異なります。
とにかく立会人の第三者・調停委員を味方に付けた方が有利になるのです。

裁判のように法律が調停の行方を左右するのではないのです。
法律の専門知識だけあっても意味がないのです。

そのために必要なのは、
憎しみや悲しみ、冷静さ、思いやり、切実さと誠実さ…
つまり、同情を誘う感情に他なりません。

弁護士という職業は、法律に偏った意見で、
時として調停委員の機嫌を損ねてしまうことがあります。

また、相手が弁護士を立てたからと言って、
あなたも弁護士を立てるというのは絶対にお薦めできません。

なぜなら、弁護士は弁論によって勝敗を求めようとする職業上、
弁護士同士の間で折り合いを付けようとしがちだからです。

そのため、調停の行方が、あなたと相手のことをまるで考えない、
誰のためにもならない調停結果に持って行かれてしまうことが、あとを経ちません。

弁護士にとって、離婚調停は全くの専門外。

例え離婚専門と謳っていたとしても、
ノウハウも進み方も価値観も全く異なる調停までは門外漢なのです。

離婚は、その人間の生身の憎しみや恐怖、悲しみ、嫉妬、後悔、軽蔑などの感情が噴出する、リアルで生々しいもの。

法律の専門家であり、罪や法への抵触に敏感な弁護士には、
そうした調停の大部分を占める心の動きをくみ取れないのです。

離婚調停は、法が二人の間に適用される最悪の結末を迎える前の、最後の話し合いの場です。
たくさんお金を支払う安心感を得たいなら、
百万円単位の額を支払って弁護士を雇うことをお薦めします。

ですが、本当にあなたの望む離婚を実現したいなら、もっと良い方法があります。

弁護士に頼らず行うなら、いったいどうすれば良いのか。

それは、一人で闘うことです。
もしも相手が弁護士を雇い、調停であなたのことを徹底攻撃してきたとしたら。

調停委員は多勢に無勢のあなたに同情する可能性が高いのです。

離婚調停とは、法律の通用しない場です。

調停の場は、公平な場でも正義を決める場でもありません。
悪い方が裁かれる場と言うわけでは決してないのです。
手堅くプランニングをしたものが勝利します。
準備を整えていかなければ、相手の思うままになってしまうのです。

そして、そのプランニングとは、決して法律的なものではありません。
行政書士が作るようなただの書類上のものでもありません。

「弁護士にも頼らずに、裁判よりも戦略的にいくことなんて難しい!」

ご安心下さい。
調停は裁判とは違い、法律の専門知識がさほど必要ないのです。

ですから、極端な話、
「たった3つのこと」さえ押さえておけば、調停に勝利することは可能です。

これは調停に掛けられた方も、調停に掛けた方も同じことです。

私は離婚相談を専門に10年以上、15,000件以上の相談数を積み重ねることで、
誰よりも現実の離婚問題について、裏にも表にも精通するようになりました。

その結果か導き出された3つのこと。それは…

離婚調停は、そのシステムと、裏側を知った者に軍配があがります。

「目の前にある不安や悩み」を解消するだけでなく、
「あなたの未来、お子さんの未来」をも幸せなものにする“戦略”を詰め込んでいます。

法律の知識を詰め込んでも、調停の場では、役には立ちません。 

















posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

離婚のコツを知れば、弁護士要らずで離婚を成功できます!

離婚のコツを知れば、弁護士要らずで離婚を成功できます!

離婚を真剣に考えているあなたに、はっきりと申し上げます。
離婚は「簡単ではない」と思っているでしょうが、
やり方さえ分かれば、
意外と簡単に離婚を成功に持っていけるのです。

嘘っ!?

いえ、本当なんです!
なぜなら、「離婚」はパターン化されています。
1.離婚に至る「原因」
2.離婚の争いの「手順」
3.離婚を成立させる「要件」
これらは、種類こそ多いですが、パターン化できます。

「離婚の争い方」も「普通の裁判」と全く異なっています。

「普通の裁判」では「絶対必要」な弁護士は、「絶対必要ではありません」。

あなたが悩みを抱えながら、ずっと不幸な生活を我慢するなら、
それは、それでいいでしょう。
でも、今や周りの人の

(厚生労働省の公開データ)
平成18年の婚姻数は約73万2千組:人口の5.8%
離婚件数は約25万8千組

既婚者の3人に一人が離婚しています。

離婚は当たり前!の時代です。

結論から言いますが、
「離婚は意外に簡単に成功に持っていけます」
「離婚は、弁護士を頼まず、自分一人で戦って、勝つことが出来ます」

信じられないですか?

ネットを見れば、離婚の情報はいっぱいあります。
まずは、そんなサイトで基本情報を把握しておきましょう。
でも、それらには、肝心なことは書かれていません。
やはり、無料の情報では、自分だけで離婚を進めることは不可能です。
で、どうするか?ですが、
「離婚のプロの情報」を「自分の知識にする」のです。
離婚のプロ?って・・・

離婚のプロについては、後に書いていますが、
その離婚のプロが、実際に、たくさんの離婚に立ち会い、
離婚を成立させた膨大な経験を、ノウハウにまとめています。
これらのノウハウは、決して弁護士は持っていません。
離婚専門の弁護士は数少なく、しかも、離婚ばかり扱っていませんので、
離婚に限っては、弁護士は頼りになりません。
弁護士費用も莫大な金額なので、雇う必要はありません。
あなたが、お金持ちで、離婚の争いが不安で、戦う自信が無ければ、
弁護士のお世話になってください。
それ以外の方は、離婚のプロのノウハウを、しっかり読んで、
自分の離婚の進め方に沿って実行すれば、
離婚を成功させられる可能性は高くなります。

離婚の「傾向」と「対策」さえしっかり理解すれば、
あとは、「離婚を裁定する人」に対して、
どれだけ「説得力」と「憐れみの気持ち」を、
与えることができるか?にかかっています。
ここは非常に重要なポイントです!

「離婚を成功させるポイント」は、
決して「裁判に強い弁護士」次第ではありません。

むしろ、「あなたひとり」だけで戦う方が、
弁護士を立てた相手側より有利なこともあるのです。
なぜなら「離婚を裁定する人」は、
ひとりで戦う「あなた」の方に、
判官びいきの気持ちを抱くこともあるのです。

離婚に余計なお金をかけることが出来ないなら、
弁護士に費用をかけるのはやめましょう。

あなただけでも、離婚交渉を進めることは可能なんです。
痛々しいまでの感情を訴えることができるなら、
(「辛さに負けない心」と「演技力」が必要です!)
ぜひ、ひとりで交渉を進めましょう。
自分では無理だ、と思うなら、弁護士を雇ってお任せしましょう。

ひとりで離婚作業を進めるには、
離婚成功の知識(ノウハウ)を身に着けることから始めます。
離婚のやり方などは、ネットでたくさんの情報を得ることが出来ます。
ただし、肝心のことは、無料では公開されていません。

では、どうしたら「肝心のこと(離婚成功術)」を得ることが出来るか?
それは、
一番「離婚の実例を多く経験して、離婚成功の実績を挙げた」人の知識を学ぶことです。
離婚の実際の現場に立ち会った経験数は、絶対に外せません。
それこそが、ノウハウです。
弁護士は非常に多く居ますが、離婚裁判を経験している弁護士は、多くないのです。
離婚裁判に詳しい弁護士探しをしたり、実際に頼んでも、
普通の裁判と、離婚の場合は異なるのです。
なぜなら、離婚する方法には、
4つの離婚方法があります。

協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、です。
協議離婚が成立するのは、
夫婦が話し合い、離婚を決意し、
離婚届を市区町村役場に提出し、受理される場合。

夫婦の話し合いで解決が出来ない、離婚の合意が出来ない場合は、
調停離婚、審判離婚、裁判離婚、という、
いずれかの方法で離婚することになります。

調停離婚の場で、調停員の仲裁で解決できない場合には、
裁判離婚ということになります。
いきなり離婚の裁判を起こすことはできないのです。
つまり、弁護士の出番は裁判離婚からが主なので、
それ以前の離婚交渉の過程(協議離婚、調停離婚、審判離婚)では
交渉能力が発揮されることはないのです。

そして、一般的な離婚の仕方は、
協議離婚と調停離婚です。
この段階で離婚を成功させることがポイントです。
時間もお金もかけないで決着するのです。

では、離婚の手続と、その諸費用について・・・
【協議離婚】
夫婦で離婚の協議をまとめた場合
法定費用:0円
行政書士に離婚協議書を作成依頼した場合
(40,000円〜100,000円弱)+α
公正証書にすると、
養育費・財産分与・慰謝料等の金額次第で、
別途、公証人役場手数料が発生します。

【調停離婚】
離婚協議で話し合いがつかない場合、
家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行い、
調停委員を介して、離婚の話し合いを行います。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:印紙代1200円+連絡用切手代(裁判所によって異なる)

【審判離婚】
裁判所が双方の事実関係を調べた上で、離婚を決定。
但し、2週間以内に不服申し立てをすれば、審判離婚は効力を失い成立しない。

代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
法定費用:約2000円前後

【裁判離婚】
代理人(弁護士)を立てないで、夫婦で調停を進める場合
費用:離婚請求費用1万3000円、呼び出し用切手代6400円など 
※費用はケースによって異なる

代理人(弁護士)を立てた場合の費用
・弁護士相談料: 1回 1時間 1万円〜1万500円程度
・弁護士に委任: 30万〜50万円
別途必要
・交渉依頼の着手金
・成功報酬

ですから、【裁判離婚】にまで持ち込まずに、
時間とお金を無駄にかけないで、
離婚交渉を進めることが大事です。

離婚を考えたら、読んでおくべきマニュアルとしては、
以下の2点を挙げておきます。
理由は、「離婚」の実際を経験している数が圧倒的に多いので、
離婚の傾向と対策を知り尽くしており、
マニュアルの内容も実例に裏打ちされているので、
本当に役立つ内容になっています。
基本知識として、これらを読んでおけば、
他の知識は不要、と言ってもいいでしょう。


【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸「15,000人の離婚問題解決法
過去15,000件以上の相談を取り扱ってきた、ほぼ全ての離婚原因別の解決ノウハウが凝縮されています。
慰謝料の増額、減額の相談は、あわせて3000件を超えていますが、ほとんどの方に満足していただきました。
調停員に好かれる方法や、絶対に発言してはいけない言葉など。あなたが調停を有利に進める戦略を具体的に解説しています。

離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法
著者が述べている内容の一部を引用すれば・・・
実際に、私が相談に乗ってきた方の多くは
理想的な離婚をすることができています。
例えば、
一般的な慰謝料の相場より、300万円多くもらえた
夫だけでなく、愛人からも慰謝料を200万もらえた
慰謝料を1円も払わなくて済んだ
自分の望む期限までに、素早く離婚できた
家をもらったので、住む所に困らなかった
良心的で低価格な弁護士に出会え、あまりお金をかけずに調停や訴訟ができた
経済的に不安があったが、親権がとれた
一度も途切れることなく、養育費を完済してもらえた

私自身も離婚をし、深く傷ついた経験があります。
累計2万軒以上の 離婚相談実績となりました。
内容的にも、親権問題、慰謝料、財産分与、養育費、愛人への損害賠償請求、
弁護士選び、裁判などなど、
離婚に関するありとあらゆる問題の相談をいただけるようになりました。

私自分の身に危険が及ぶほどの泥沼離婚や、
精神的に破綻している人の離婚、
有名人の離婚、 犯罪を犯して立ち直った人の離婚もありましたが、
相談してくださった方の幸せを優先して取り組んできました。
夫婦問題には、法律だけでは解決できない、というか、
法律をもってすると、感情的にもつれにもつれて、
かえってこじれてしまうケースが多々あります。
実際に、弁護士は、法律を守るという立場上、
提示する解決策は、あなたの当初の希望に
合わないケースが出てきます。
私は法律を業とする弁護士ではありませんから、
あなたの希望を最大限実現できるアドバイスをすることができます。
弁護士の場合には、絶対に法を犯す事が許されないので
安全策ばかり薦めることになりがちですが、離婚に関しては、
私岡野は、限界まで挑戦することが出来るのです。
実は、法律では解決できない感情の部分の
納得できないくやしいことが起こります。
弁護士では入りこめない感情のおさめ方も含めて、
あなたにとって最も有利な離婚方法をお伝えできます。
ありとあらゆる方向から選択肢を広げることで、
圧倒的に有利な離婚が出来るのです。
「財産を全部自分のものにしたい」
「弁護士や探偵に、大金を払いたくない」
「相手には、一銭も払いたくない」
「絶対に、子どもは渡したくない」
などと考えたことはありませんか?
あなたの離婚パターンにあわせた
圧倒的に有利に離婚する方法をご提案させていただきます。
私が2万件の離婚相談を分析して得た、
パターン別離婚ノウハウと裏ワザテクニックを、
合計397時間かけて、誰にでも活用できるように、
詳しくわかりやすく、434ページのマニュアルに
全身全霊をかけて、詰め込みました!
離婚は先手必勝が鉄則です。
たとえば、離婚を進める上で重要な、8つの離婚準備とは?
将来設計に関わる、確認しておくべき5つのこととは?
どうやって自分の味方を作ればいいのか?
自分の不安要素を解決するのに、最もふさわしいタイミングとは?
破綻原因の証拠を入手できる、簡単な方法とは?
一番スピーディーで有利な離婚ができる離婚方法とは?
早く決着が付く、離婚の話し合いの仕方とは? 
スピード重視の際に、弁護士を有効活用する、ある作戦とは?
公正証書を簡単に作ることの出来るワザとは?
離婚の鍵である調停員を味方につけるための、5つのポイントとは?
弁護士の依頼が必要なケースと不要なケースの見極め方法とは?
慰謝料を請求するために用意しておくべきものとは?
離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例
法的に問題なく、離婚相手の財産を7割も奪った主婦の事例
貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例
離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例
不倫をしていた主婦が、経済的に余裕のある元夫から親権を奪った事例
などなどの他では手に入れられないノウハウが豊富な実例と共に書かれています
完全返金保障をおつけいたしました。

離婚調停成功マニュアル
多くの方が離婚や離婚調停というものを誤解している。
例えば…
慰謝料に決まりはありません。相場も特に意味はありません。
相手への養育費はゼロにすることだって可能です。
子供の親権は、どんな状況からも確保可能
絶対に誤解してはならないことがあります。
皆さんは、弁護士に相談すればいい、と思っていませんか?
確かに離婚裁判になれば弁護士の力を借りるのは必須です。
ですが、「調停前置主義」という制度が取られている日本では、
必ず裁判を行う前には、離婚調停を経なければならないと定められています。
この、裁判に至る前段階の離婚調停というのは、弁護士の出る幕ではありません。
調停に弁護士を介入させることで、
有利に進めるどころか、却ってあなたの足を引っ張る場合さえあるのです。

なぜだかわかりますか?。

それは、離婚調停が、裁判とは根本的に異なる場だからです。

離婚調停の結果に、裁判のような善悪問題や法律そのものは、ほとんど関係ないのです。
調停とは、裁判官が客観的に公平な判断をしてくれる場ではありません。
それどころか、形式的な法律はほとんどと言っていいほど頼りになりません。
「証拠品」に基づく討論なども存在しないのです。

離婚調停の根幹をなすのは、形式的な法律の知識ではなく、
悲しみや憎しみ、軽蔑、憎悪…といった人間くさい感情です。

ですから正しい方が負け、間違っている方が勝つ、ということが平然と起こります。
離婚調停には裁判のような大きな費用は掛かりません。
困ったら気軽に始めることができる「離婚に関する折り合いを付ける場」です。

ではどうやって折り合いを付けていればいいのか、
その中で自分が不利にならない方向、あるいは有利な方向に持って行ったらいいのか…
実は、急速な離婚への注目が招いた悲劇は、書籍だけではありません。
離婚専門を謳う、弁護士も同様、あるいはもっと重篤です。
なぜなら、彼らは法律の専門家であって、離婚の専門家ではないのです。
もちろん離婚裁判では彼らは頼りがいのある人たち。
ですから早い段階から弁護士をよりどころにする方が多いです。

しかし、離婚裁判というのは、あくまで最終段階です。
多くの方が誤解されていますが、
離婚調停を行い、そこで決着がつかなかった場合しか、
離婚裁判を起こすことはできません。

ところが、離婚調停というのは、
家庭裁判所で行われますが、裁判とはまるで内容が異なります。
とにかく立会人の第三者・調停委員を味方に付けた方が有利になるのです。

裁判のように法律が調停の行方を左右するのではないのです。
法律の専門知識だけあっても意味がないのです。

そのために必要なのは、
憎しみや悲しみ、冷静さ、思いやり、切実さと誠実さ…
つまり、同情を誘う感情に他なりません。

弁護士という職業は、法律に偏った意見で、
時として調停委員の機嫌を損ねてしまうことがあります。

また、相手が弁護士を立てたからと言って、
あなたも弁護士を立てるというのは絶対にお薦めできません。

なぜなら、弁護士は弁論によって勝敗を求めようとする職業上、
弁護士同士の間で折り合いを付けようとしがちだからです。

そのため、調停の行方が、あなたと相手のことをまるで考えない、
誰のためにもならない調停結果に持って行かれてしまうことが、あとを経ちません。

弁護士にとって、離婚調停は全くの専門外。

例え離婚専門と謳っていたとしても、
ノウハウも進み方も価値観も全く異なる調停までは門外漢なのです。

離婚は、その人間の生身の憎しみや恐怖、悲しみ、嫉妬、後悔、軽蔑などの感情が噴出する、リアルで生々しいもの。

法律の専門家であり、罪や法への抵触に敏感な弁護士には、
そうした調停の大部分を占める心の動きをくみ取れないのです。

離婚調停は、法が二人の間に適用される最悪の結末を迎える前の、最後の話し合いの場です。
たくさんお金を支払う安心感を得たいなら、
百万円単位の額を支払って弁護士を雇うことをお薦めします。

ですが、本当にあなたの望む離婚を実現したいなら、もっと良い方法があります。

弁護士に頼らず行うなら、いったいどうすれば良いのか。

それは、一人で闘うことです。
もしも相手が弁護士を雇い、調停であなたのことを徹底攻撃してきたとしたら。

調停委員は多勢に無勢のあなたに同情する可能性が高いのです。

離婚調停とは、法律の通用しない場です。

調停の場は、公平な場でも正義を決める場でもありません。
悪い方が裁かれる場と言うわけでは決してないのです。
手堅くプランニングをしたものが勝利します。
準備を整えていかなければ、相手の思うままになってしまうのです。

そして、そのプランニングとは、決して法律的なものではありません。
行政書士が作るようなただの書類上のものでもありません。

「弁護士にも頼らずに、裁判よりも戦略的にいくことなんて難しい!」

ご安心下さい。
調停は裁判とは違い、法律の専門知識がさほど必要ないのです。

ですから、極端な話、
「たった3つのこと」さえ押さえておけば、調停に勝利することは可能です。

これは調停に掛けられた方も、調停に掛けた方も同じことです。

私は離婚相談を専門に10年以上、15,000件以上の相談数を積み重ねることで、
誰よりも現実の離婚問題について、裏にも表にも精通するようになりました。

その結果か導き出された3つのこと。それは…

離婚調停は、そのシステムと、裏側を知った者に軍配があがります。

「目の前にある不安や悩み」を解消するだけでなく、
「あなたの未来、お子さんの未来」をも幸せなものにする“戦略”を詰め込んでいます。

法律の知識を詰め込んでも、調停の場では、役には立ちません。 

















posted by 転職,求人,成功する転職,後悔しない転職,秘策,看護師,薬剤師,医師,転職支援センター at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。